刺盛り

平日ランチはいつも満席の『和か菜』は開店から13年。和モダンな雰囲気が素敵なお店です。ディナータイムは初訪問!札幌・京都で修業した大将のお料理を、お酒といただけるなんて楽しみです~♪
いつも通りの生ビールでスタート。泡がきめ細かくてエンジェルリングができるビール!お手入れが行き届いているからこそのおいしさですね。突き出しの北海シマエビやサンマの燻製をつまんでいると「刺盛り」登場。イタンキのタコや室蘭近海のつぶなど。まぐろも甘みがあっておいしい♪

冷製野菜炊き合わせ八方ジュレ

日本酒(久保田千寿、一ノ蔵本醸造)を頼んだタイミングで「冷製野菜炊き合わせ八方ジュレ」。彩り豊かな野菜と八方地のジュレはキラキラして綺麗♪お上品な味付けでガラスの器にピッタリです。

京風だし巻き卵

「京風だし巻き卵」はふんわりでぷるんぷるん、滑らかで優しい。気持ちまで優しくなりそう。日本酒は1合だと抹茶椀でいただけます。これも『和か菜』ならでは。美味しい料理とお酒で幸せ充電中♪

米茄子の田楽

そして「米茄子の田楽」。まず、器が美しい!この器が欲しい!!と心の叫び。とろとろの茄子に赤味噌は、少し濃い目の味付けなのでお酒に合うんですわぁ。そしてけしの実がプチプチ食感をプラス♪器との色のコントラストが美しい。器とお料理って、絵画と額縁のような関係…料理を引き立てる器はやっぱり大切だなぁと感じました。
次は「海の幸の茶わん蒸し」。卵とお出汁の優しいハーモニーの中に海老とカニの爪がごろっと入っていて、「やったぁ!」みたいな気分。

写真上:タコの柔らか揚げ
写真下:とうきびの天ぷら

だんだんとお腹の方もイイ感じになってきたところで、「とうきびの天ぷら」と「タコの柔らか揚げ」!天ぷらはお塩でいただきます。とうきびの甘さが際立って、思わず「あまーい!」と叫ぶかも♪タコは味をしっかり入れて柔らかく炊いてからさっくりと揚げています。揚げ物だけど軽いですよ。お酒は国稀特別純米で締めました。
あぁーお腹いっぱい、お勘定お願いします!二人で食事、締めて9,925円(ビール2、日本酒3合込)。
美味しいもの頂きました、ごちそうさまです♪

個室も良いけどカウンター席で大将のオススメをいただくのも楽しいですよ。予約時にお好みや要望を伝えておくと、なお良いですよね。そしてゴルフ好きの大将なのでゴルフ談議に花が咲き、あっという間に時が過ぎてしまいます♪

住所:登別市中央町5-8-1
電話番号:0143-85-4567
営業時間:11:30~14:00、17:00~22:30(L.O.22:00)
定休日:月曜日(祝日は要問合せ)
http://shunnohana-wakana.com/

喰らうシリーズ第七弾 一覧